早漏撲滅侍

個人輸入で注意すべきこと

個人輸入で注意すべきこと|早漏撲滅侍
  1. トップ
  2. 個人輸入で注意すべきこと

個人輸入で注意すべきこと

近年、海外から医薬品を購入できる個人輸入が出来るようになり、お薬の購入の幅が大きく広がりました。自身で直接海外のサイトからお薬を購入できますので、今まで手に入りにくかったお薬も容易に手に入れることが出来ます。

便利になった反面、責任は全て自分が請け負わなくてはなりません。そこで個人輸入を行う際、気を付けねばならないことをいくつか並べていきたいと思います。あわせて、代行輸入業者から購入する際の注意事項も並べていきます。

個人輸入の注意点

まず初めの関門として、現地の言葉をある程度理解しなければなりません。英語に堪能でなければならないということはないのですが、やはり大きく手間がかかります。税関の手続きも面倒なので、慣れていないとこちらも苦労します。

次の関門は無事購入が出来た際、本物か偽物かの判別が難しいことです。バイアグラを例に挙げると有効成分の最大配合量は100mgとなります。誤って200mgの商品を購入した場合、それは偽物です。よって薬の知識も頭に入れておかなければなりません。

便利な個人輸入代行会社

個人で購入することが不安であれば、個人輸入代行業者を利用するのが便利です。日本円で購入が出来、税関の手続きも引き受けてくれますので手間が大きく省かれます。

しかし、詐欺行為を行っているサイトもあります。その際の見分け方としては、クレジット決済が出来るかどうかです。クレジットカードを利用できるということは、カード会社からの審査を通過したということですので、まず決済ができるかどうかが大きな判別方法です。

成分の鑑定書を掲載しているサイトも重要です。文字だけの記載ですと、何の証拠にもなりません。成分鑑定書を掲載しているサイトは信用できるサイトと言えます。また、有名なサイトを使うのも一つの手です。信頼をされているサイトは安心が出来ます。様々なサイトがありますが、初めて利用されるのであれば有名サイトを調べて購入するのもリスクが少ないと思います。

面倒な手続きや偽物など、手間やリスクが付きまとう個人輸入です。よく調べ、十分注意をして下さい。

▲この頁の先頭へ