早漏撲滅侍

早漏防止薬を個人輸入するには

早漏防止薬を個人輸入するには|早漏撲滅侍
  1. トップ
  2. 早漏防止薬を個人輸入するには

早漏防止薬を個人輸入するには

ジェネリック医薬品が個人輸入で手に入る

2014年6月12日に薬事法が改正がされました。それにより医薬品のインターネット販売が解禁され、第一類、第二類の医薬品が購入することが出来るようになりました。また、海外から個人輸入を行う事も可能になりました。処方箋が必要な医薬品も海外から個人輸入をすると、処方箋が必要ではなくなるので簡単に購入することが出来ます。

早漏防止薬も類にもれず、プリリジーも、ジェネリック医薬品も海外から直接購入が出来ます。そのため、先発薬であるプリリジーよりも安価なジェネリック医薬品を購入することが非常にたやすくなりました。では個人輸入で購入するにはどのようなプロセスが必要なのでしょうか?

個人輸入での購入方法

個人輸入は、海外のサイトから直接購入しなければならないのである程度、現地の言葉を読める必要があります。支払いも当然、現地のお金でないといけません。例えばアメリカならばドル。ヨーロッパだとユーロです。クレジットカード決済やウェブマネーで支払う方法が簡単であり、必須になります。

無事、購入が出来ても偽物が届く場合もあり、それらは全て自己責任となります。信頼できるサイトをよく調べて探さなければならないので、個人輸入は多少知識と手間がかかります。

代行業者の利用

この個人輸入を代わりに受け持ってくれるびが代行業者になります。主に自社運営の通販サイトを持っており、日本語に翻訳してくれているため製品の選択がとても楽です。決済も日本円で出来ますのでこの点も便利です。ほとんど通常の通販サイトと同じように医薬品を購入することができます。

しかし、個人輸入を代行しているだけですので、現地の業者からどのような製品が送られてくるかわかりません。提携している業者によっては偽物が送られる場合もあります。代行業者は個人に変わって輸入の手続きをするだけですので、偽物が届いたとしても責任はありません。購入者の責任となりますので十分注意をしましょう。

安易に買えることが出来るようになりましたが、リスクも伴う個人輸入です。しかし購入の幅が広がることにより一層便利になったといえます。信頼できるサイトを見つけ、有意義な買い物を行ないましょう。

▲この頁の先頭へ