早漏撲滅侍

早漏とその改善策

早漏撲滅侍|早漏とその改善策

早漏とは何か

早漏とは勃起から射精に至るまでの時間が極端に短いことをいいます。時間が短くても本人がマスターベーション時に満足を得ているなら大きな問題にはなりません。早漏が問題になるのは、パートナーの女性に十分な満足を与えられないところにあります。そのため、早漏について、パートナーが満足をしないうちに射精してしまうこと、と定義する場合もあります。

仮に短時間で射精してもパートナーが満足していれば問題ないのですが、やはり多くの女性は、それなりの持続時間を望みます。米国泌尿器科学会によれば、挿入後1分以内に射精するか、または、挿入前に射精してしまうことが早漏であると定義されています。では、どうすれば早漏防止ができるのでしょうか。

精力アップ

まずできるのが精力をアップさせることです。精力アップといえば、食生活の改善や体を鍛えることが必要になります。もちろん、こうした努力も必要です。
一方で、またすぐに射精してしまうかもといった不安やプレッシャーを取り除くことも大切です。自分に自信をもった状態で、リラックスしないと勃起や射精のメカニズムはスムーズに働きません。

食生活の改善

身体の鍛練

精神の鍛練

不安やプレッシャーを取り除く

早漏改善策

そもそも自分を早漏だと思い悩んでいる男性は意外にも多く、ひどい場合だと男性としての自信を喪失してしまい、女性との接触を避けるようになってしまう場合もあります。

実際に早漏の定義は明確に決まっておらず、挿入前に射精してしまう、挿入しても1分以内に射精してしまう、という男性を指すことが多いが、時間や回数は関係なく射精をコントロールが出来ない状態であるといえます。

早漏の原因

主な原因として遺伝やストレス、包茎などといった身体的なものなどがあげられます。原因は何にしろ、本人が改善しようと思わない限り対策のしようがないので、もし悩んでいるのであれば進んで改善策を試す必要があります。

セックスでの早漏対策

対策としてまずセックス自体に早く射精しないような工夫を心がけることです。例えば、早漏を防ぐ一般的な方法として言われている、スクイーズ法やセマンズ法を試してみたり、射精しやすい体位を避けたりする、挿入中に会話をしながらすることで適度な興奮状態とリッラクスした状態を保ったり、また挿入中にピストン運動を止めてその状態を楽しむ、などといったものがあげられます。

早漏防止グッズ

それでもまだ不安な場合は早漏対策グッズと呼ばれるもの、たとえば早漏防止コンドームや早漏防止ローション、早漏防止スプレーなどの使用を試してみることもいいかもしれません。

女性との経験が少ない、セックスに悪い思い出がありトラウマがあるといった人にとっては、これらの早漏対策グッズは根本の解決策とは言えませんが、有効な手段となるでしょう。特に早漏対策グッズは自身のコンプレックスや不安を軽減できるという事もあるので、悩むぐらいなら一度試してみたらよいのではないでしょうか。

逆に考えすぎてしまうと勃起不全・インポテンツになってしまう可能性も少なからずあります。パートナーにも悲しい思いをさせてしまうと同時に自身の更なるコンプレックスや不安を増幅させてしまい負のスパイラルに陥ってしまうこともありえるます。早期段階で自分自身に自信がつけられるような改善策を見つけてください。

それでもダメな場合は、早漏防止医薬品に頼る人が多くいます。自分なりにやってみて無理なときは、早漏防止薬に頼ってみるのもよいのではないでしょうか。

早漏改善薬ポゼット

早漏を改善してくれるのが、ポゼットという医薬品です。これは、早漏防止に絶大な効果があると言われているプリリジーのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品であるため、当然ポゼットとプリリジーは同じ有効成分が含まれています。その有効成分とはダポキセチンです。これは神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンに作用する医薬品です。

そもそも早漏というのは心因性の理由から早いうちに射精してしまいます。その射精のメカニズムと言うのは実は反射神経なのです。反射神経というのは、熱いものに触れたら脳で認識する前に触れていたものから離します。脳に認識させて行動に移るのには数秒時間のロスがあり、そのロスを大幅に減らすことができるのが反射という行動なのです。脳に認識させないため、自分の意思でコントロールするのが難しく、その反射が射精でも行われています。その反射を医薬品でコントロールするのがポゼットというわけです。

当然、医薬品であるため副作用があります。その副作用には吐き気や眩暈、下痢や頭痛などが挙げられます。ただほとんどに人にとってその副作用は軽度のものであり、ほとんど気になるほどの症状となることはありません。といっても、医薬品であるため万が一のこともあります。もしもポゼットを服用して身体的に違和感を抱くようなら、医師に相談しておくことが大切です。

▲この頁の先頭へ